乾燥が肌を老化させる

冬になると気になる肌の乾燥は、放っておくと肌を老化させてしまいます。

乾燥肌は水分も皮脂も不足している状態です。
セラミドやヒアルロン酸といったうるおい成分は年齢とともに減少していきます。
そのため、年齢を重ねた女性ほど乾燥を感じやすくなります。

水分の不足している肌はカサつき、メイクのノリも持ちも悪くなります。
そして、肌のターンオーバー(生まれ変わりの周期)が乱れ、
古い角質がたまり、分厚くなってしまいます。

肌がゴワゴワするようになり、化粧水の浸透が悪くなり乾燥はますますひどくなります。
さらに、本来なら角質といっしょに剥がれ落ちるはずだったメラニンが肌に残り、
シミになります。

カラカラに乾いた肌はハリがなくなり、肌がたるみ、毛穴の開きが目立つようになります。
そして、乾燥を放っておくとシワになってしまいます。

また、皮脂不足の肌はツヤがなく、暗くくすんだ印象を与えます。
さらに、肌のバリアである皮脂がないと、
肌はますます乾燥し、外部刺激にも弱くなります。

シミ、シワができやすくなり、肌はどんどん老化していってしまうのです。

Comments are closed.


" "